ダイエットする動機


あなたがダイエットする動機(理由)は何でしょう?

 

・太ってきたから

・最近体重がふえてきたから

・昔の服を着たいから

 

この人たちは恐らくダイエットに失敗します。

これらは、私が担当させて頂いたクライアントさんのおっしゃったことなんですが、話を聞くと

何度も失敗を繰り返されていたようです。

では、なぜ失敗するのか?

 

 

動機がずれている

この状態だと、多くの人が「継続できない」「極端な方法に走ってしまう」という状況に陥ります。

 

 

まず、「太ってきた」「体重が増えた」というのが理由になるのか?という事から。

大切なのはそこではなく、「だからどうなの?」という点。

・太ってきた →だからどうなの?

・体重が増えた→だからどうなの?

 

これは3番目の「昔の服を着たいから」にも共通するのですが、、、

・昔の服を着たい→着てどうしたいの?

 

 

要するに、、、「人から良く見られたい」ってことなんです。

ここをしっかりと持っておく必要があります。

 

 

太っている事や体重が増えたことが問題なのではなく、「このままじゃ良く見られない」という事が問題。

だからダイエットに取り組むんです。

これを「太った」「体重が増えた」を動機にしてしまうと、「痩せる」「体重を減らす」が目的になってしまいます。

これはダイエットではなく「減量」です。

 

結果どうなるか?

げっそり・皮膚に張りもなく・骨に皮が付いている、ようなとても綺麗とは言えない姿になってしまいます。

本当の目的は「綺麗・格好いい・かわいい」と思われることなのに…

 

そして、体重にこだわりすぎると極端な方法をとってしまいます。

「過度な運動」→「体重が増えると水分を減らす」→「極端な低炭水化物食」→過度なストレス→継続不可

→リバウンド

この繰り返しです。

 

自分が思う「良い見た目」にもよりますが、一つ言えることは、、、

 

「体重減=見た目がよくなる」ではないという事。

 

体型を作るためには筋肉が必要で、筋肉は脂肪より重さがあります。

だから、体型のいいひと、メリハリのある体型をしている人は実は割と体重があります。

(タレントさんのプロフィールは実際とは違う事が多いので鵜呑みにしないように)

 

適度に体脂肪を落とし、自分の理想の体型を作るために適度な筋肉をつける。

これが正しいダイエット、唯一のダイエットと言えます。

 

 

まとめ。。。

・ダイエットする動機は「人から良く見られたい」から

・ダイエットは減量とは違う

 

ちなみに「誰によくみられたいか?」まで追求してみるとモチベーションにもなりますよ。

また自分が手に入れたい理想も明確化した方がいいです。

「タレントの〇〇さん」「モデルの△△さん」みたいに。

そうすることでやるべきことが決まってきます。

 

最初にご紹介したクライアントさんですが、その後はずかしがりながらも自分の理想・動機を語って

くださいました。

私も理想実現のための方法を具体的にご案内でき、3か月後皆さん笑顔で目標達成されましたよ。

 

 

あなたの「ダイエットする動機(理由)」はなんですか?

もう一度整理してみましょう。

 

 

 

もくじ