ダイエットと減量の違い

ダイエットをしているとどうしても気になるのが「体重」です。

毎日体重計に乗って一喜一憂。

経験があるのではないでしょうか?

 

でもこのように体重計に縛られるダイエット生活をしていると、いつの間にか本当の目的を忘れてしまい

逆に「モデルさんのような体型を手に入れたい」という目標を達成できなくなります。

 

 

という事で今回の本題です。

「ダイエットは減量とは違う」

 

 

 

巷では「痩せる事=ダイエット」と思われています。

しかも「痩せる=体重を落とす」だと。

 

では、、、試合前のボクサーはダイエットしているのでしょうか?

 

違います。

あれは「減量」です。

 

そう、体重を落とすことです。

*体重で階級が分けられているスポーツ(柔道・レスリングなども)も同様 

 

では体重を落とすことでモデルさんのような体型が手に入るでしょうか?

 

結論としては、

「減量(体重を落とす)ではモデル体型にはなれません」

 

 

既に実践された方は結果として感じられていることだと思います。

 

私がトレーナーをしていた頃、「モデル体型になるためには体重何キロまで落としたらいいですか?」

といった質問を受けることがよくありました。

→参考:お悩み相談ページ

 

確かにモデルさんは一般人より体重は軽めです。

でも、公開プロフィールや皆さんが思っているほど軽くはありません。

 

なぜか?

適度に筋肉をつけないと綺麗なスタイルは作れないからです。

 

体型というものは「骨格と筋肉でできています」。

→詳しくはこちら

 

モデルさんの、細身でありながらしっかりと凹凸があるスタイル。

メリハリがあるのでウエストが締まって見える、ああいった体型は必要なところに適度な筋肉をつけている

からこそそう見えます。

 

 

では体重を落とす、つまり減量を続けるとどうなるか?

もちろん全体的にほっそりします。

もともと体重の多めの人は特にほっそりしていくのが分かり未来に期待する事でしょう。

でもある程度体重が落ちてくると見た目に異変が出てきます。

 

変化ではなく異変です。

 

体重が落ちてモデルさんみたいになっていくはずが、ストローみたいに肩からウエストまで「ストンッ」と

まっすぐ落ちるスタイル。

凹凸の無いメリハリのない身体に変わっていきます。

 

この原因は、 

「筋肉が落ちているから」

 

体脂肪が多い時は当然体重も多いので、「身体を支えるために筋肉は必要」と身体も認識しますので

減量をしても筋肉の減り方は少なくなる傾向があります。

 (身体は生きる為に必要なものは優先的に残そうとする)

 

でも、ある程度身体が軽くなってくると身体を支える筋肉の必要性は少なくなってきて、身体は積極的に

筋肉を落としていきます。

その結果スタイルが悪くなり思うような結果が出なくなります。

 

 

 ●モデルさんのダイエット●

モデルさんも当然ダイエットをしています。

綺麗な身体を保つことが仕事で、それが出来ないと食べていけないので、それはストイックにダイエットに

取り組んでいます。

 

では彼女たちにとってダイエットとは何か?

「理想の体型を手に入れるために食事・運動をコントロールする事」です。

 

これは減量とは全く違います。

彼女たちはプロですので、綺麗なスタイルを作るには体脂肪を減らすことはもちろん、適度に筋肉を

が必要という事を知っています。

だからそのためにジムに通ったり自宅で軽い筋トレをするんですね。

 

 

私もトレーナー時代に、モデルさんのトレーニングを手伝ったり芸能人の方と一緒にトレーニングしたり

しましたが、皆さん自分の理想の体型を「つくる」ために運動(筋トレを含む)をされていました。

 

今まで、理想を手に入れるために「減量」をしてしまっていた人は是非これからは「ダイエット」をしましょう。

 

「まとめ」

・減量とダイエットは別物

・減量をしてもモデルさんのようなメリハリのある体型は手に入らない

 

 

 

 

→HOME