ダイエットの目安にBMIーモデルさんのBMIは?


BMIはダイエットをするうえで目安となる指標です。気になるモデルさんのBMIはどれくらいでしょう?気になるところです。
BMIはダイエットをするうえで目安となる指標です。気になるモデルさんのBMIはどれくらいでしょう?気になるところです。

ダイエットをするうえで具体的な目標が欲しいもの。

目標とするモデルさんの体重でしょうか?

でもそもそも自分とモデルさんでは身長も違う…

さぁどうしよう。

 

そういう時に役立つのがBMI。

BMIとはなんぞや?を知ることで自分が目標とすべき体重がわかります。

具体的な目標ができることでダイエットのモチベーションが高まりますね。

 

ダイエットはやみくもに取り組んでも辛い思いをするだけ。

自分に合った目標を立てて正しい努力をしましょう。


■ダイエットの目安にBMI‐モデルさんのBMIは?

・BMIってなに?

・BMIの計算方法

・気になるモデルさんのBMIは?

・BMIの落とし穴‐ダイエットを失敗しないために


■BMIってなに?

 

それでは本題に入っていきます。

まずはBMIとはなにか?です。

 

BMIとはBody Mass Indexの略で体重と身長から計算することができる肥満度を判定する数値です。

肥満の健康に与える悪影響から世界中で使用されている数値ですね。

私もプロスポーツ選手として活動していた時にコンディショニングの目安に使っていました。

 

この数値によって低体重・普通体重・肥満といった判定ができ、自分が目指すべきおおよその体重がわかります。

 

ダイエットをする際に体重目標を設定する人が多いですが、その目標は自分が憧れるモデルさんや芸能人の体重で

あることが多いですね。

しかし、目標とするモデルさんの身長と自分の身長が同じとは限りません。

自分のほうが大きければ体重は重くて当然ですし、それを無視して自分より身長の低い人の体重を目標とするのは

当然無理があります。

 

そういった弊害をなくしてくれるのがBMIということになります。

日本肥満協会のHPは票をクリック
日本肥満協会のHPは票をクリック

BMIの計算方法

 

主に使う計算式は以下2通りです

①BMI(kg/㎡)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

②目標体重    =目指すBMI値×身長(m)×身長(m)

 

自分のBMIを知りたいときに①を、目標体重を知りたいときに②を使います。

 

例1)身長160センチ・体重50キロのBMI値は?

   計算式:50÷1.6÷1.6=19.53(BMI値)

例2)モデルさんみたいにやせ型になりたい‼といった場合の目標体重(身長160センチ)

   計算式:18.5(BMI値)×1.6×1.6=47.36kg(目標体重)

 

あくまで目安ではありますが、こうして計算することで今の自分と目標を数値で確認することができます。

まずは自分の現状を数値化してみましょう。

 


■気になるモデルさんのBMIは?

 

っとここまで来ると気になるのが目標とするモデルさんや芸能人のBMI。

自分のあこがれの人で公式プロフィールなどで体重が公表されていれば簡単に計算できますね。

 

で一般的に言われているモデルさんのBMIですが、、、

 

「18くらい」と言われています。

 

例えば170センチのモデルさんであれば52.2キロということになります。

確かに結構軽いですね。

 

ただ逆に「あれ?思ったより体重あるな?」と思った人もいるかもしれません。

 

先ほど「公式プロフィールに体重が載っていれば…」といったお話をしましたが、ああいったプロフィールは

あまりあてにならないことが多いです。

それはご本人さんのツイッターやインスタグラムで公表されている体重も同様かと思います。

 

別のページでもお話ししていますが、きれいなモデルさんのようなきれいな体型を作るには脂肪を落とすだけでなく

筋肉も必要になります。

一見細く見えるモデルさんも、体型を作るために有酸素運動に加え適度な筋トレをして筋肉を維持しているので

実際は見た目以上に体重があるといったことも珍しくはありません。

 

無茶なダイエットをしないためにも是非頭に入れておきたいことですね。


■BMIの落とし穴‐ダイエットを失敗しないために

・BMIに縛られるとダイエットは失敗する

・BMIはあくまで目安

・大切なのは見た目(体重計から鏡へ)

 

 

 

●BMIに縛られるとダイエットは失敗する

 

トレーナー時代のお話しをします。

当時トレーニングをアドバイスしていたクライアントさんにこうした話しをすると皆さんどうするか?

まず目標とするモデルさんや芸能人のBMIを調べて自分の目標体重を設定します。

そして考えるんです。

 

「あと〇キロ痩せれば△さん(あこがれのモデルさん)みたいになれる!!」

 

これが失敗のもととなります。

理由は「体重は重さであって形ではない」からです。

 

先ほども少し触れましたが、スタイルを作るためには筋肉が必要です。

しかし、体重にこだわったダイエットをすると食事のバランスが悪くなり体脂肪だけでなく筋肉も落として

しまいます。

 

結果的に体重は落ちて細くなったものの、凹凸がなくメリハリも艶もない「ただ細いだけ」の身体になって

しまいます。

これでは目標は達せられませんよね。

 

やはり綺麗な体を作るには、単なる食事制限ではなく、筋トレを含む適度な運動が必要ということになります。

 

 

 

●BMIはあくまで目安

 

ということで、BMIは目安と考えましょう。

数値的な目標があったほうが成果も確認しやすくモチベーションも保ちやすいです。

そういった意味で目安にするのはいいでしょう。

 

ただ繰り返しますが、BMIや体重に縛られると本来の目的を見失ってします。

本来の目的、それは憧れのスタイル、つまりは「見た目」であって「体重」ではないということです。

せっかく頑張ったのに出来上がった身体は理想とは程遠い…とならにようにしましょう。

 

 

 

●大切なのは見た目(体重計から鏡へ)

 

では具体的にどうしたらいいでしょう?

それは「体重計に乗る頻度を減らしてそのぶん鏡を見る頻度を増やしましょう」ということ。

「毎日体重計に乗りましょう!」という意見が多いですが、私のトレーナー体験からするとむしろ逆がいいと思います。

 

毎日体重計に乗ることのメリットとして以下のような事がよく挙げられています

・何を食べたらどれくらい増えるか?減るか?がわかる

・体重が増えたときに自制心が働く

・体重が減るとモチベーションが高まる

 

確かにわからないでもないのですが、体重というのは食べたものだけで決まるわけではありません。

体調によって体内水分量が変わりますし、排泄の調子によっても全然違います。

例えばコップ一杯の違いで200グラムも違ってくるわけです。

 

ダイエットとして正しい食事をとっていても体重が一時的に増えることだってあります。

そういった時に「体重が増えたということは食事がまずかったのでは?」と考えてしまうと間違った方向に

行ってしまう可能性があります。

 

結果過激なダイエットに走る人もいます。

そうなっては先ほどお伝えした「ただ細いだけの身体」になってしまいます。

 

やはりダイエットは「理想の身体を手に入れる」ためにやっているので「見た目」にこだわるべきだと思います。

 

体重計は3日に1回。

鏡は毎日

 

これをお勧めします。


「まとめ」

・BMIは自分の体格を数字的に表すことができる便利な指数

・自分の目標とする人のBMIも計算でき、身長が違っても自分に当てはめることができる

・よって目標化しやすい

・一般的にモデルさんのBMIは「18くらい」

・しかしBMIにこだわりすぎるとダイエットは失敗する

・BMIはあくまで目安に「体重計から鏡へ」の生活を心がける

 

 

BMIは便利な指数ですが使い方を間違えるとダイエットの敵にもなります。

落とし穴にはまらないよう注意しながら有効活用しましょう。

 

 

→HOME