ダイエットは朝食の見直しから始める


さぁダイエットを始めるぞぉ!!

モチベーションも最高潮、目標の身体を夢見ながらダイエットを始める宣言をしたものの…

 

「何から始めたらよいやら?」そういう事よくありますよね?

 

まずはカロリーを減らして…とは思うものの、ネットでよく目にする、

「バランスのいい食事を心がけて」

「3食たべて欠食はNG」

「甘いものと揚げ物はなるべく避けて」

等々

これ全部やるの?

バランスって具体的になに?

っとなります。

 

 

そこで今回のテーマは

「ダイエットは朝食の見直しから始める」

 

 

 

何から始めていいかわからない。

今まで食事制限のダイエットをして続かなかった、リバウンドしたことがある。

そんな方は細かい事は後にして、まずは朝食から見直してみましょう。

 

 

●朝本当にお腹がすいていますか?●

「食べたい」とは違います。

これは食欲です。

食欲は非常に嘘つきでダイエッターを困らせます。

この食欲こそがダイエットの最強の敵なんですが、幸いにも食欲はコントロール可能なものです。

→詳しくはこちら

それに対し「空腹(お腹がすいたぁ)」はエネルギー不足で身体からの危険信号です。

身体は生命の維持を最優先するので空腹になると危険信号を発します。

 

この空腹感は食欲に比べ真面目で嘘をつきにくいです。

なぜこんな話しをするかというと、、、

 

「人間、空腹な時に空腹がまぎれるだけ食事すれば太ることはない」からです。

 

つまり、一日の食事の中で空腹感が起こりにくいタイミングから食事の改善を行っていけば、

効率的でストレスも少ないという事になります。

 

 

そこでもう一度質問です。

「朝本当にお腹が空いていますか?」

 

 

そこで、私がトレーナーをしていた時のクライアントさんの回答例をご紹介します。

           ↓↓↓

・そうでもないけど「欠食は太る」ってきいて食べるようにしている

・食べたいという気持ちはあるけど空腹か?と聞かれると微妙…

 

こういった回答が多かったです。

つまり、朝はそんなにお腹が空かないんです。

 

という事は3食たべているとして一番手を加えやすいのは朝食という事になります。

 

 

 

●新しい食習慣を作る●

朝食を見直すことは、おおざっぱに言うと「一日の食事の3分の1を変える」という事になります。

この効果は非常に大きく、結果として自然と身体も変わっていきます。

これを継続することで新しい食習慣が身につき「我慢する」といった感覚もなくなります。

 

食事に限らず、今までの習慣を変えるということは人にとってストレスなので、一気に一日の食事全体を変える!!

というような極端は方法は避け、変えやすいところから変えていくという方法を選びます。

→詳しくはこちら

 

私もプロスポーツ選手を目指してダイエットを開始したときは朝食の見直しから始めました。

→詳しくは「プロフィール」を

実際、この方法だけで1か月で数キロ落ちましたね。

(当時そこそこ太っていたというのもありますが…)

 

 

 

 

●朝食を置き換えることから始める●

「朝食を置き換えてみる」

 

これだけです。

「え?置き換えダイエット?」と思われたかもしれませんが、食習慣を変えるうえで置き換えは非常に有効です。

それは朝食の役割を考えるとよくわかります。

 

 まず、一般的に言われている朝食の役割を整理し反論していきます。

①これから一日活動する上でのエネルギー

②身体を眠りから起こす

③腸を刺激して排泄を促す

といったところでしょうか。

 

すべてそれなりに根拠のあるところだとは思います。

ただ、それが本当に自分の身体で感じられているか?を確認してみてください。

 

例えば①

1日これから活動する上でエネルギーを蓄える必要がある。

その根拠として、「寝ている間、約7時間程度?食事ができないため、身体は朝起きるとエネルギーが枯渇している」

と言われます。

 

本当に?

寝るのにそこまでエネルギーを消費するのでしょうか?

しかも一般的に3食のうち一番カロリーの高い食事をするのは夜。

その食事をしてあとは寝るだけなのに本当に朝エネルギー不足になるのでしょうか?

 

お腹が「ぐ~」となって朝目覚めていますか?

さらに言えば、ブドウ糖は脳の唯一のエネルギーといわれていますが、必要なのはブドウ糖であって、

パンやごはん・目玉焼きなどの「食事」ではありません。

 

 

次に②

朝食をとることでやる気がみなぎるのでしょうか。

眠っている他ところから違う行動をとることで気持ちが切り替わるという事はあるかもしれませんが、それが必ずしも

「食事」である必要があるのか?という事も考えてみましょう。

私はストレッチをおススメします。

 →詳細はこちら

 

 

最後に③

これは多少関係があるかもしれません。

確かに寝ている間に胃の中は空っぽになり腸もある程度落ち着いています。

食事をすることでそこに新しい刺激が入るので排泄に影響するのは確かに考えられます。

 しかし、これも先程と同様「食事」である必要があるのか?という疑問が浮かびます。

 

水ではだめなの?

 

また、人間の活動サイクルとして、「夜は消化吸収」「朝は排泄」サイクルだと言われています。

「排泄」サイクルの時に食事をすることによって、「排泄」ではなく「消化」という仕事が加わることになります。

それによって、逆にサイクルが乱されるとも言われています。

 

是非自分の身体に聞いてみてください。。。

新しい発見があるはずです。

 

 

 

「まとめ」

 ・ダイエットのために食事を見直すなら朝が一番いい

・一般的に言われている朝食の役割を疑ってみる

・そのうえで自分の身体に聞いてみる

 

 

少し長くなったので、具体的な方法「何で置き換えればいいのか?」といった内容に関しては

別ページでご案内させて頂きます。

参考になると思いますので是非ご覧ください。

→詳しくはこちら:効果的な置き換えダイエット

 

 

 

 

 

一つお伝えするのを忘れていました。

「一日3食」って当たり前のように言われますが、これって何でだと思いますか?

4食ではだめですか?

5食ではだめですか?

この答えが朝食を見直すうえで参考になるかと思います。

→詳しくはこちら

 

 

 

→HOME