プロテインは太るのか?


摂り方次第です。

 

 

これは本当に多い質問です。

「トレーナーさんにトレーニング後はプロテインを飲めって言われるんですけど、プロテインって太るんですよね?」

今でもたまに相談されます。

 

で、「取り方次第」とはどういうことか?

●太る人

・大した運動をしていない人が、今の食事にプロテインをプラスする

●太らない人(むしろダイエットに有効)

・しっかり運動している人

・朝食の代わりにプロテインを飲む人

 

プロテインとはタンパク質の事で、タンパク質は筋肉の原料となります。

タンパク質はしっかり運動をして筋肉が疲労したときは疲労回復や筋肉増量にも使われます。

トレーニーがトレーニング後にプロテインシェイクを飲んでいるのはそういった意味です。

ただタンパク質も栄養素の一つですので当然カロリーがあります。

よって、大して運動をしていない人が飲むと「ただ摂取カロリーが増える」ことになり太ります。

 

それに対し、しっかり運動して筋肉が疲労している人が飲むと、余剰カロリーになりにくく疲労回復も

促進されます。

疲労がたまると代謝も落ちますので、そういったものを防ぐ効果もありますね。

筋量を増やせれば代謝も向上しますので一石二鳥かと思います。

ただ適当な運動をしていることが前提です。

 

 

●「適当な運動」とはどの程度か?

・最低でも筋肉痛が出るレベル

例えば「エアロバイクなど有酸素運動を30分程度」であれば、はっきり言って必要ないかと思います。

腕立て30回とかも同様、日常の食事だけで十分だと思います。

よって、ダイエットをする人が「疲労回復を目的」としてプロテインを飲む必要はないと思います。

 

●ダイエットに適した有効な飲み方は?

朝食の置き換え食です。

プロテインも色々な種類があり、トレーニー向けのタンパク質含有量にこだわったものもあれば、

ビタミンやミネラルも含まれるようなバランス型の物もあります。

これらは通常の食事と違い、消化吸収も良く朝の排泄サイクルへの影響も少ないです。

 

私のクライアントさんにはまず朝食を見直すことから始めて頂いていましたが、もしプロテインを

持っているようであればそれを使ってもらっていました。

疲労回復としては必要ないですが、使い方によってはダイエットにも非常に役に立ちます。

 

この方の場合、プロテインを有効活用する事によって朝食の余計なカロリーが削減され、

運動後の不要なカロリー摂取がなくなったことでダイエットが加速されました。

 

このように、プロテインもカロリーがある以上、無駄に摂ると太ります。

でも上手く摂ればダイエットに有効です。

 

是非お試しください。

きっと身体の変化を感じられますよ。

 

 

 

もくじ