一日に消費される総エネルギー-ダイエットに役立つ基礎知識


消費エネルギー(カロリー)を増やすことでダイエットを加速することができます。

では消費エネルギーとは実際にどういったものがあるのか?

それを知ることで、「がむしゃらに運動するしかない!」といった事態を避け、効率的なダイエットが出来るようになります。

 

では見てみましょう。

 

消費エネルギーには大きく3つ種類があります。

①基礎代謝60%

②DIT(食事誘発性熱産生)10%

③身体活動量30%

 

普通に生活していると、大体こんな感じで消費されています。

①基礎代謝に関しては別ページでご案内したかと思いますので、こちらを見てみてください。

③これはいわゆる運動ですね。ちょっとした移動・立ったり座ったり、掃除したりといった事も含まれます。

 

わかりにくいのは②ですね。

実は食事によってもエネルギーを消費します。

食事をすると、消化器官が食物を小さな栄養素に分解していきます。

こうしてようやく身体に吸収されるわけですが、その際に体熱が発生します。

一時的に代謝が高まるんですね。

 

食事をしたときに体が熱くなることありませんか?

あれです。

 

細かい事を言うと、取り入れた栄養素によって発生する熱量も違います。

ただそれより注目してほしいのは、運動習慣のある人の方がこの熱量が上がるという事。

 

やはり筋量も関係しているという事だと思います。

その証拠に、この食事誘発性熱産生は年齢とともに低下します。

やはり運動習慣というのは大切だという事が分かります。

 

ではこの食事誘発性熱産生をダイエットにどのように活かすのか?

食事をするとエネルギーが消費されるという事であれば、「食事の回数を増やしてみる」というのもいいでしょう。

 

代謝が上がる機会が増えれば総消費エネルギーも結果的に増えます。

更に「食事の回数を増やす」ことは別にもメリットがありましたね?

 

この様に、運動をすることだけが消費化エネルギーを増やす方法ではありません。

運動がにがてな人も、工夫次第で消費エネルギーを増やすことができます。

 

ダイエットは継続が命。

自分に合った方法を探し、そして継続しましょう。

 

この食事誘発性熱産生を利用した高DITダイエットなる物も注目されているので、また別ページでご紹介しますね。

楽しみに。

 

 

→高DITダイエット-食べても太らない?

もくじ