筋トレの効果-体型を作るのは骨格と筋肉


あんなに細身のモデルさんが筋トレなんてしてるの?

筋トレしたら太くなってお体重も増えて…

そんな疑問をお持ちでは無いですか?

でも実際、モデルさんはあの体型を作るために「有酸素運動」に加え「筋トレ」をしています。

それは、綺麗な体型を作るためには「筋肉」が必須だからです。

 

 

という事で今回のテーマは、

「体型を作るのは骨格と筋肉」

 

 

繰り返しますが、モデルさんのような「細身でありながらメリハリのある綺麗な体型」を目指すのであれば

筋トレをしましょう。

 

その理由は、

「体型を作るのは骨格と筋肉」だからです。

 

いきなり結論になりました、これ結構知らない人が多いです。

ダイエットは食事と運動の重要性が「8対2」。

つまり「食事8」で「運動2」です。

→詳しくはこちら

 

これは間違いないのですが、「理想の体型を作る」「形を作る」ということで言うと「運動2」が

非常に重要になってきます。

 

 

 

どういうことか?

まず骨格、これは骨と間接と考えて頂くとわかりやすいと思います。

小学校の理科室にあったようなあれですね。

そしてその骨格に筋肉が引っ付いています。

この二つがどうやって体型を作るか?

 

例えば「ウエストが締まって見えるような体型」を目指すのであれば、ぱっと思いつく方法は2つ。

①体脂肪を落としてウエストを細くする

②肩幅を広くしてウエストを細く見せる

②は肩や背中の筋トレをして肩幅を広げ逆三角形を作るイメージですね。

極端な例では水泳選手なんかはそうですね。

競技の特性からして自然とあのような体型になります。

彼らは特に体脂肪を減らしているわけではないですがウエストが締まって見えますね。

*体脂肪が減りすぎないようにむしろたくさん食べる人もいます。

 

 

しかし、ダイエットに取り組む方のほとんどが①だけを実行します。

結論から言うと、この方法はほぼ失敗します。

 

その理由をお伝えする前に、ダイエットをする人が②を避ける理由をお伝えします。 

理由1.「体重を減らせば理想の体型が手に入る」と思っている

理由2. 筋トレをしたらマッチョになってしまうと思っている

理由3. 筋トレでは体脂肪が燃えないと思っている

 

一つずつ見てみましょう。 

 

「理由1」

体重を減らせば理想の体型が手に入ると思っている

これは絶対にダメなパターンですね。

これはダイエットではなく減量です…

→詳しくはこちら

これをやると体重は減ってもスタイルは悪く体調も悪くなります。

 

 

「理由2」

筋トレをしたらマッチョになってしまうと思っている

ご安心ください。なりません。

マッチョになるというのはそんな簡単なことではありません。

 

私がトレーナーをしていた時、クライアントさんからよく言われたこと。

「腕立てしたらすぐ筋肉がついて太くなるから嫌だ」

大丈夫です。なりません。

筋肉をつけるという事は実はとても難しくて大変なことです。

極端な話しですが、ボディビルダーは数グラムの筋肉をつけるために、日々死ぬ気でトレーニング

しています。

それでも年間数百グラム増やせるかどうか…

あれだけ食事にも気を使い、トレーニング方法を工夫しながらです。

 

ちょろっと腕立てしたくらいで簡単に筋肉はつきません。

ご安心ください。

ただ、一時的に筋肉が張って大きく見えることはあります。

これは、いわゆるパンプしている状態です。

数十分、運動に慣れていない人でも1~2日で元通りです。

むしろ筋肉が引き締まって細くなります。

  

 

「理由3.」

筋トレでは体脂肪が燃えないと思っている

結論ですが筋トレでも体脂肪は燃えます

→詳しくはこちら

確かにランニングなどの有酸素運動の方が効率は良いです。

ですので、体脂肪を燃やすというだけの目的で行うのであれば有酸素運動をおススメしますが、

身体を細くするという事だけではなく、「形を作る(体型を作る)」という事であれば筋トレが有効です。

体型を作れて体脂肪も燃える。

一石二鳥です。

 

 

あと「理由4」をあげるとすれば「筋トレすると体重が増えるから嫌だ」というもの。

これも「理由1」と同じですね。

ダイエットは体重を落とすことが目的ではありません。

見た目をよくすることが目的です。

 

 

●同じ体重でも見た目が違う?● 

例えば60キロの人が2人いたとします。

2人とも体重は同じです。

 

Aさん:体重60キロ・徐脂肪体重50キロ(体脂肪が10キロ)

Bさん:体重60キロ・徐脂肪体重40キロ(体脂肪が20キロ)

*徐脂肪体重:体重から体脂肪の重さを除いた体重

*Bさんの方が体脂肪が多い身体(Aさんの方が筋肉が多い)

 

2人の体重は同じですが、Aさんの方が筋量が多いことが分かります。

この二人を比べるとどうか?

Aさんの方が間違いなく綺麗な体型をしているでしょう。

 

Aさんは体脂肪が少なく筋肉が適度についているため、体型にメリハリがあり綺麗な形をしています。

それに比べBさんは体脂肪の割合が多く筋肉が少ないため、身体全体がムチムチになって膨らんでしまいます。

 

 

 

●モデルさんが筋トレをする理由●

モデルさんは食制制限と運動で体脂肪の少ない細身の身体を作っています。

しかし、前半でお話しした通り、体重(体脂肪)を落としても筋肉が無ければ見た目はよくなりません。

極端な話し、骨に皮が付いているだけ…のような体型」になります。

細いストローのように、肩から足までまっすぐです。

この左の人みたいな体型ですね。

クビレもなく、全体がストローのように細くなるため顔も大きく見えます。

 

これは格好良くないですよね。

だから、全体的に細身のモデルさんも身体にメリハリ凹凸を作るために筋トレに励んでいます。

これによって更にウエストも細く見え脚も引き締まります。

 

 

今いい例を思い浮かんだのでお伝えすると、

凄く細身なのに二の腕がブルブルたるんでいる人がいますね。

 

あれはタダ細くなること(体重を落とす)を追い求めた結果です。

 

ダイエットの目的はあくまでも「理想の体型を手に入れる事」です。

そして形を作るためには「筋肉」が必要。

筋肉をつけるための運動と言えば筋トレです。

 

 

 

「まとめ」

・体型は骨格と筋肉でできている

・細身のモデルさんも有酸素運動に加え筋トレをしている

 

 

 

→HOME