鏡と体重計-ダイエットの必需品はどっち?


もちろんです!

 

 

ダイエットをするときは全身が映る大きな鏡を用意してくださいね。

体重計よりも大切です。

 

何故か?理由を説明します。

まず、ダイエットの目的は何か?を確認しましょう。

 

理想の体型を手に入れることですか?

それとも体重を減らすことですか?

ここに答えがあります。

 

健康のためという目的を除けば、ほぼ全員が「見ため」を変えるためにダイエットに取り組みます。

であれば、ダイエットの効果を確認するためには「見ためが変わったか?」を確認しなければなりません。

それなのに多くの人が毎日体重計に乗って一喜一憂。

いつの間にか目的がすり替わってしまっています。

 

確かにダイエットを進めれば体重変化します。

もともと体重が重かった人は特に数値に変化がみられるでしょう。

それがモチベーションにつながる事もあります。

 

でも、目的はそこではありません。

体重が減ったとしても見ためが変わっていないと全く意味がありません。

 

 

体重が減る=スタイルがよくなる

これは完全なウソです。

 

同じ身長で体重も同じ。

でも体型は全然違う。

これって結構あります。

 

この二人の何が違うのか?

筋肉量です。

別のページでも触れましたが、体型を作っているのは「骨格と筋肉」です。

 

骨格は生まれ持ったもので変えることはできません。

でも筋肉は違います。

筋肉は自分の理想とする体型を作るために身にまとう事ができます。

だからダイエットには筋トレが必要なんですね。

 

しかし筋肉は重い。

脂肪よりも重い。

つまり、ダイエットをして体脂肪を落とします。

同時に筋トレをして必要な筋肉をつけます。

そうすると、結果的に体重はあまり減りません。

筋肉が重いから。

 

でも、体脂肪が減って身体はスリムになり、そのうえ筋肉によって身体にメリハリが出来る。

要は体重が同じなのにスタイルがよく見える、という事になります。

ここで「体重が…」なんて言ってると、体型を作る本来必要な筋肉までそぎ落としてしまいます。

それでは本末転倒。

何のためにダイエットをしているか分からなくなります。

これだけは避けなければなりません。

 

だから、ダイエットに必要なのはであって体重計ではない

という事になります。

 

 

体重計には乗らないで!!というわけではありません。

数字が変わるのはうれしいですもんね。

それがモチベーションになることも確かです。

でもいつの間にかダイエットじゃなくて減量していた…なんてことにならないようにしましょう。。。

という事です。

 

それでは今回はこの辺で。