食事の回数を増やすと痩せる?


結論から言うと、「痩せるというより、、、太りにくくなる」かもしれません。

 

まずは食事の回数を増やすときの大前提を確認しておきましょう。

それは、、、

 

「食事の総量は変えない」

という事。

 

 

例えば、一日の食事(間食も含む)をテーブルの上に置いたとします。

これを何回に分けて食べるか?という事です。

この順番が大切。

 

一日の総量を決める→複数回で割って食べる

 

逆に、

一回の食事量を決める→複数回食べる

 

っとなると、総量も増えるので×

 

 

出はなぜ同じ総量であれば細かく割って食べるのがダイエットには良いのか?

諸説ありますが、メインは以下かと。

 

①一回に摂取する栄養素が少なくなるので、身体が無駄なく吸収できる

②ドカ食い癖がなくなる

 

①ですが、一度に吸収可能な栄養素の量がある程度決まっていると言われています。

例えばたんぱく質であれば40グラムとか。

これは身体の大きさや運動量などによって変わるでしょうし、「1度に」とはどれくらいの時間的間隔を

前提としているのか?が分からないので微妙といえば微妙ですが。。。

ただ、うまく吸収しきれなかった栄養素が脂肪として蓄えられるのは確かかと思いますので、それを避ける

為にも食事の回数を細かく割っていくのは効果があるのではないかと思います。

 

「あの人いつも何か食べてるよね?」って言われる人の中にスリムな人がいるのは、そういった理由も

あるかもしれませんね。

*多くの人はただ間食しているだけなので誤解の無いように…

 

 

②これは結構重要かと思います。

食欲は習慣と密接な関係があることは別のページでお話ししましたが、これなんか正に習慣によるものです。

「たくさん食べないと満足できない」という人は、大体ドカ食い癖があります。

例えば、夜のドカ食い癖がある人。

この人は、朝・昼とたっぷり食べていようがいまいが、夜はたくさん食べたいんです。

そう食べたいだけ。

これは、完全に習慣的にそうしているので、もう感覚的に夜は食べたくてしょうがなくなるんですね。

この習慣を変える事がダイエットでは唯一の成功法なので、これは変えていく必要があります。

そういう意味でも②は非常に重要かと思います。

 

 

今回は2点メリットをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

思い当たる点はあったでしょうか?

 

これはすぐにでも実践できることなので、試してみてはいかがでしょうか?

おススメです。

 

 

一日3食神話-本当にダイエットにいいの?

もくじ